sanken logo
サンケン・エンジニアリング

Stage System Creator
お問合せ
舞台大道具 Scenery
道具は舞台の各演目に独自ではありますが、比較的使用頻度が多いものをホール備え付けとする傾向があります。
その中でも平台とその高さを調節する各種台や足は使用頻度が高く、多くの場合ホール備え付けとします。
所作台は主として日本舞踊などの和物に対応するものです。
その他にも数多くの種類の道具があります。



ひな檀組設置例
1.平台 2.木台 3.箱足 4.開き足
松羽目・竹羽目設置例
1.松羽目 2.竹羽目 3.揚幕 4.所作台 5.花道所作台


大臣囲設置例

寄席セット設置例

式典セット設置例
金屏風,演台,国旗使用

平台収納状態事例
舞台袖に収納

足・台収納状態事例
舞台背後に収納

平台収納状態事例
舞台背後に収納
大道具の多くは舞台の廻りに収納されていることが多く、ホリゾント幕と舞台後壁との
隙間にこれらの大道具を収納することなどが上記写真のようによくあります。
また、舞台の後に上手と下手の連絡通路がない場合、ホリゾントと後壁の間を通路として利用することもありますので
このホリゾント幕と舞台後壁とのスペースをどのくらいとるかは注意が必要です。



上野原町もみじホール
客席下 収納庫
浪切ホール
舞台下 収納庫
収納庫の場所については舞台付近にあるのが理想です。
上記写真のように客席下や舞台下に収納庫があると非常に便利です。


その他の主な大道具
*指揮者台・譜面台 *演奏者用イス・譜面台 *コントラバス用イス *チェロ用イス *バレエシート *緋毛氈・長座布団
*雪篭、スモークマシン *めくり台・高座用座布団 *馬立・支木・ガチ *鳥の子屏風 *和太鼓・台 *地絣・振り落とし


戻る

舞台機構特殊機構環境事業会社概要納入実績その他ISOENGLISHアスベストについて

Copyright © 2006 SANKEN-ENGINEERING co., ltd. All rights reserved.