sanken logo
サンケン・エンジニアリング

Stage System Creator
お問合せ
エア浮上装置 Air Floating System

原 理 エア浮上装置は床面との間に薄い膜(エアーフィルム)を発生させることで重量物を持ち上げ、
非常に小さな力で動かすことが可能になります。
特 長 空気の力で浮上させる為、床面を傷つけることがありません。
レール等が不要な為、横行・旋回といった複雑な動きが可能です。
摩 擦 率 約1〜5/100程度 ※条件によって異なります。
どの位浮上するの? 種類によって若干異なりますが、約15〜60mm程度浮上します。
適応する床材質は? フローリング、鉄板、コンクリート(防水塗装)、石板(なめらか仕上)等が適します。

エア浮上装置実験01
小型エア浮上装置

エア浮上実験02
大型エア浮上装置
多くの困難を克服しながら設計・開発を進め、確実なシステム作りをしています。
-主な施工実績-
空気浮上式観覧席
Stadium Seat
1992
エア浮上式観覧席

鹿児島アリーナ
全体重量:32.2t,278席
観覧席ブロック数:15基





Multi-Vision Wagon
2001
エア浮上式マルチビジョンワゴン
大阪府『ビッグ・アイ』
国連障害者交流センター
重量:1.3t




Traditional Noh-Stage
2001
エア浮上式能舞台
山形県『伝国の杜
置賜文化ホール
重量:50t


空気浮上式舞台
Stage of Conffernce room

2002
エア浮上式舞台
東京都
民間企業ホール
舞台寸法:11×4m,高さ50cm
重量:4.2t


空気浮上式客席ワゴン
Seating Wagon of Theater
2003
エア浮上式客席ワゴン
大阪府高石市
アプラ・ホール
基準寸法:3×3m,36席
重量:1.6t
客席ワゴン数:16基


空気浮上式舞楽台
Traditional Bugaku-Stage
2004
エア浮上式舞楽台
福岡県春日市
正行寺春日山雅楽御堂
舞楽台寸法:7.6×7.6m,
高さ79cm,重量:6.5t

エア浮上親子式ワゴン
Seating Wagon of Theater
2005
エア浮上親子式ワゴン
長野県茅野市
茅野市民館マルチホール

総重量:7t
客席ワゴン数:11基




Seating Wagon of Theater Sample
エア浮上式客席ワゴン
試作機

当社技術研究所にて実働試験

空気浮上式音響反射板
Acoustic Reflector Sample
エア浮上式音響反射板
試作機

当社技術研究所にて実働試験
戻る
舞台機構特殊機構環境事業会社概要納入実績その他ISOENGLISHアスベストについて

Copyright © 2006 SANKEN-ENGINEERING co., ltd. All rights reserved.